つんくさんを語る場所

つんくさんに生かされている22歳ですが

なんちゅう恋をやってるぅyou knowの歌詞がヤバイ〜つんくさんという偉大な作詞家〜

私はハロープロジェクトのすべてが好きです。

 

ビジュアルも、世界観も、全部。

 

だけど、どっぷり漬かってしまった理由ってやっぱり

天才的な作詞作曲をするつんくさんの存在がなくてはならないのだと思います。

 

昨日もベリーズのなんちゅう恋をやってるぅyou knowを聞いていて。

正直りさこのソロパート、なんて言ってるのか分からなかったんで、歌詞を調べたんです。

そしたら衝撃を受けました。

 

f:id:natsuonatsu:20160421010705j:plain

 

 

「春夏すぎて山燃ゆる秋、凍てつく冬も愛おしい人〜ぉぉぉ」

 

春夏秋冬ずっと愛おしい人、を

つんくさんが言うとこうなるんですね。

 

この曲は、初めてMVを見たときの感想なんて

 

「だっせぇぇぇけど小学生に歌わせる曲じゃないし、、んんん←若干気になってる」

 

で。

 

結局、どこか引っ掛かってしまって、

 

「あれ、なんかいいな」

 

で、ハマってしまう、みたいな。

 

さらに

歌詞をみたらもっとやばかったですね。

 

なんなんでしょう、あの韻の踏み方。

 

「しょっちゅう脳に舞っちゃう躊躇」

 

 

(天才。)

 

正直今まで、暑っ中お見舞いなんたらかんたら〜?に聞こえていて、暑中お見舞い好きかよって思ってましたが。

 

もうとりあえず歌詞リンク貼ります。

http://www.kasi-time.com/item-9548.html

 

あとあと、私がすごく好きなのが、

世界って言った後にすぐ身近過ぎるフレーズを入れるところ。

 

この曲だと、

「世界サイズの恋がしたいなぁ

クラスメイトに自慢したいなぁ!」

 

 

比喩がはっ?!ってくらい壮大なのにそのあとの願望、半径5m以内レベル。

 

 

それで言うと、

DoIt!Nowの

「宇宙のどこにも見当たらないような約束の口づけを原宿でしよう」

もですよね。

 

原宿?!

ってなるから一旦考えるんですけど、

冷静にぶっとんでるんですよね。

比喩が壮大すぎ…の後に不意に身近過ぎるフレーズはガンっとやられます。

 

https://m.youtube.com/watch?v=tO1duIdcQjI

 

YouTubeをみてエモエモしましょう。