読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つんくさんを語る場所

つんくさんに生かされている22歳ですが

℃-ute SummerWindつんくさんの楽曲コメントが素敵だったので歌詞に浸る時間

 

℃-uteの新曲、3曲ともとても素敵ですよね。

なんと、SummerWindをつんくさんがどういう思いで書いたのかがブログに綴ってあり、相変わらず素敵だったのでそのコメントを拝借しながら歌詞に浸ろうと思います。

 

 

 

Summer Wind

作詞:つんく 作曲:つんく

 

 

ちなみに私が好きなフレーズは

押し付け締め付け、全部愛じゃないエゴだよ〜 

私のいい香りよ、この夏轟け〜 

 

だったりします。笑

そんなことはどうでもよくて、いきましょう。

 

イメージは”夏のコスメソング”

以下、つんく氏のブログ抜粋です。

一足早い夏の曲をお届けしますね。
僕の楽曲のテーマは「もし、夏のコスメCMソングだったら!」的な勝手なイメージで作曲、作詞と進めていきました。  
さあ どんどん大人になり、羽ばたいていくぞ!って羽を広げている女の子の歌です。

もう、曲調やMVの感じがまさにそれなんだけど、

それにしては儚げ、悲しげすぎる?と思いました。

もっと歌詞をみていきましょう。

 

大人の先輩とのデートだった

私はてっきり付き合ってる大人の男性とのお話かと思いきや、

違うみたいなんですね。

1番の歌詞について、つんくさんはこう言います。

去年までと同じように誘ってくれたちょっと大人の先輩の車には乗ってあげるけど、あくまでもこれはシチュエーションを楽しんでるだけで、この車に乗りたかったわけじゃないからね 
とかなり上から目線な状況。  
私が羽ばたくべく場所はどこなんだろうか?と周りを見渡して、この夏に期待してワクワクしています。

羽ばたくべき場所、とかになってくると

℃-uteに重ねてるんだろうなって思うことしかできない、、、。

とりあえず、歌詞を載せます。

誰も知らぬ間に 大人になるものなの

驚いたような顔で 私の事 覗き込まないで 興味本位で
 
押し付け 締め付け
全部 愛じゃないエゴだよ
 
濡れた髪が風に乗り サラサララと泳いでる
私のいい香りよ この夏 轟け
 
助手席には座るけど 何にも決めちゃいない
これから始まるの Summer Wind

 

大人になった私を見て、先輩は驚いたんですね。

押し付け、締め付け、って、胸が苦しいのかな。

でもそれは、去年好きだった頃の愛という感情とは違う。

去年私のことを振ったくせに、今更誘ってきて、

しかも私の成長に驚いてるだなんて。

胸が締め付けられるほかないじゃない!

こんな感情で先輩に対して上から行っちゃってるのでしょうか。笑

この不安定な感情は愛ってやつじゃなくて、

エゴ(自分勝手な理由で色々思うところがある)なの。

 

だけどやっぱり悔しいから、私の魅力全部見せつけてやるわ!

私のいい香りよ、轟け!!!

さぁ、これからどこへ行く?

風の便りでも聞いて思うがままに行こうじゃない。

って、極端に言うと、この野郎〜!轟け〜!って感じに

聞こえてきた。笑

 

2番はなんか先輩が落ち込んじゃったらしい、ってお話

2番では、なんかネガティブな出来事に遭遇した先輩は、今日のデートに難癖ついた!と落ち込んでいるが一緒に落ち込んでほしいのね。
とこれまた上から目線。
心の中ではため息。  
それでも心はこの夏のもっと先を見て心キラキラさせている、新たなる出会いを待っている、そんな青春の1ページな楽曲でございます。

byつんくさん
それにしても、青春の1ページな楽曲の曲調ではなさすぎてこれぞつんく節、、、!!!笑
2番は状況のイメージが割りと明確ですね。
 
そんな出来事程で 本気でヘコまないよ
ただ少しはしょげてる 顔してる方が安心するんでしょ
世話焼ける人
 
笑顔と ため息
ねえ どっちも私よ
 
眩し過ぎる along the coast キラキラリと輝いて
私のいい心よ この夏 ときめけ
 
口付けより大切な 秘密を知ってるわ
きっと止まらないよ Summer Wind 

デート中に何かネガティブなことが起きて。

先輩はかっこつけたかったのに、かっこ悪いとこ見せちゃってヘコんでる。

そんな姿を見て私は同情とかじゃなくて、

私にアプローチかけてきたならもっとしっかりして欲しかった、って

厳しい評価。

だって今更気がある感じ、複雑だもん。

でも正直、さっきから嬉しいのか落ち込んでるのか自分でもわからない。

でもどっちも私なんだよな。

伝えたいけど、伝わるかな。

ドライブデートの景色は、そんな私の心をちょっとでも晴れやかにしてくれる。

私のいい心、もっとときめけ!

この調子でこの夏の風に乗って行けば、

私たちの関係もきっと止まらないよ。

 

みたいな。笑

なんかずれてるところもあるけど、歌詞から情景を妄想するのって楽しいです。

他の人はどうやって捉えているんだろう。

 

最後につんく氏から。

是非皆さまのカーステの中にカセットを突っ込んでおいていただきたい! (時代的にありえないけど)
そんな気分の曲です。